ラヴニカ・ウィークエンド:『ラヴニカの献身』の前回との違い

4日 2月 2019年 | 4 分(読むのにかかる時間)

昨年の11月に行われたラヴニカ・ウィークエンド:『ラヴニカのギルド』では、世界中の店舗がシーズン中盤にプレイヤーを呼び寄せることに成功し、再びラヴニカを盛り上げる起爆剤となりました。

そのイベントが2月16日に帰ってきます。

以下に、知っておくべきことをご紹介します。

 

このイベントは史上2回目の「マジック・ウィークエンド」であること

 

ラヴニカ・ウィークエンド:『ラヴニカのギルド』とラヴニカ・ウィークエンド:『ラヴニカの献身』は、新たなイベント・タイプに分類されます。年4回、内容を変えながら各シーズンの中盤に行われるイベント、「マジック・ウィークエンド」です。

マジック・ウィークエンドは特定のイベントではなく、イベントの種類です。『バトルボンド』『コンスピラシー』といったセットを思い浮かべてみてください。私たちはそれらのセットを「革新的ドラフト・セット」と呼んでいます。ルールを少し破ったり、他の製品ではできないことに挑戦したりする、年に1回の特別な製品です。

マジック・ウィークエンドは、いわば店舗イベント版の『バトルボンド』『コンスピラシー』のようなものです。つまり「革新的」イベントと呼ぶべきものであり、私たちがシーズンごとに新たなアイデアやフォーマット、賞品体系などを実験する場になる予定です。注目するところは毎回変わります。2月16日に行われるラヴニカ・ウィークエンド:『ラヴニカの献身』も前回と異なります。

前回との違いは以下の通りです:

 

大会形式で行われる

 

ラヴニカ・ウィークエンド:『ラヴニカの献身』のメイン・イベントは大会形式(3回戦以上行い、8人以上の参加者が必要など)で行われ、フォーマットはスタンダードまたはドラフト、あるいはシールドデッキです。(WERでの申請時に選択したフォーマットで行ってください。)それとは別にギルド・キット対戦会も開催できますが、メイン・イベントはやや競技志向のものになります。

イベントの宣伝には、マーケティング素材のページにあるラヴニカ・ウィークエンド:『ラヴニカの献身』の招待状をぜひご利用ください。プレリリース・キットに同梱されていたものと同じものをダウンロードできます。印刷してラヴニカ・ウィークエンド前のイベントなどで配布し、プレイヤーを招待しましょう。

 

イベント・キットが豪華

 

今回は多くのプロモをお送りしました。キットの内容は以下の通りです:

チャンピオン・プレイマット

グルール一族のドムリ・ラーデが描かれたものです。大会優勝者にこちらのプレイマットを贈ってください。

ポスター

店内に掲示し、ラヴニカ・ウィークエンドが行われることを周知しましょう。

ギルド・プリント

イベントの参加者に配布してください。スポーツマンシップを発揮したプレイヤーや創造的なデッキを作成したプレイヤーなどに贈るのをおすすめします。

アゾリウスの造反者、ラヴィニア

ラヴニカ・ウィークエンドの参加者に参加賞として配布してください。

プロモ版基本土地

プレイヤーたちがこれらの美しい土地を手に入れるチャンスがついに来ました。『ラヴニカの献身』で登場する5ギルド――アゾリウス、オルゾフ、ラクドス、グルール、シミックをテーマにした土地を活かしてイベントを盛り上げてください。

今回のラヴニカ・ウィークエンドでは、シーズン中盤に豪華賞品の大会を提供できます。しっかりと準備を進めましょう!

By Nataly Scheidt