『Unstable』の魅力を存分に味わえるカード

22日 11月 2017年 | 5 分(読むのにかかる時間)

12月8日に、いよいよ史上3つ目の「Un-セット」である『Unstable』が銀枠ファミリーへ加わります。13年もの時を経て(デザイン期間は実に6年。大半はマーク・ローズウォーター/Mark Rosewaterのトースターのおかげだそうです)再び登場する『Unstable』は、近年で最も期待を集めるセットでしょう。

 

この魅力あふれるセットにはどんなカードが登場するのかを確認し、このセットの宣伝方法を見つけましょう。

『Unstable』とは?

『Unstable』は、陽気でユーモアに満ちたファンタジー世界へプレイヤーの皆さまを招待し、マジックというゲームの可能性を広げるセットです。このセットはドラフト向けにデザインされており、他の銀枠セットと組み合わせて遊ぶこともできますが、このセット単体のドラフトでも最高の体験をもたらしてくれるでしょう。

プレイヤーたちが大喜びするものは?

それから、長きにわたり期待されていた「からくり」(『未来予知』で示唆されていたアーティファクトのサブタイプ)がついに実現し、話題の尽きなかった《蒸気打ちの親分》(登場以来10年間、唯一「からくり」への言及があるカード)も黒枠で再録されます。

また、《Pet Project》のアートにも見覚えがあることでしょう。そう、ドラフト・ウィークエンドのミニポスターに描かれていた絵です。ポスターには他に8枚のカードのアートが一緒に描かれています。

まずはマジックの歴代キャラクターの中で最も伝説にふさわしい者が、ついにプレインズウォーカー・カードになりました……ちょっと違った形ですが。

このセットには「リス」テーマがあります。ドラフト・ウィークエンドのプロモカードはリスのロードです!

ゲーム外のブースターパックを用いてマジックのゲームに影響を与える方法も増えます。

豪華なフルアートの枠なし土地とトークンもあります!

『Unstable』に収録されるカードの大半は「銀枠」のカードであり、トーナメントでの使用はできません(基本土地やトークンは除く)。それでもプレイヤーの皆さまは、コレクション目的やカジュアルにゲームを楽しむために『Unstable』を買い求めるでしょう。

『Unstable』では、装具工たちによる開発作業のすべてを「楽しく何度も遊べるドラフト体験を生み出す」ことに注ぎ込み、以前の銀枠セットを超えるものに仕上がりました。

このセットにはどうしようもなく狂った5つの派閥があり、それぞれ友好色の組み合わせを持っています。

  • 「The Order of the Sprocket」:機械(特に調理機械)による自己改善を求める白青のサイボーグ騎士団です。

  • 「Agents of S.N.E.A.K.」:怪しい小道具を用いて怪しい仕事をこなす怪しい青黒のスパイ集団です。

  • 「League of Dastardly Doom」:ときどき誰が最初に世界を滅ぼすかを決めるレースに興じる、黒赤の極悪集団です。

  • 「Goblin Explosioneers」:爆発するものをあれこれ試すのが大好きな、赤緑のゴブリン集団です。見たまんまですね。

  • 「Crossbreed Labs」:この世のものとは思えない混成体を作り出すことに知力を尽くす、緑白の研究者集団です。

それで、どうすればいいの?

この記事を読んだあなたは、『Unstable』の宣伝に必要な情報を得ました。早速『Unstable』ドラフト・ウィークエンドの宣伝を始めましょう!

先ほども言いましたが、『Unstable』はドラフト向けにデザインされています。発売直後に行われる『Unstable』ドラフトのイベントを盛り上げるには、どうすればいいか。皆さまぜひ趣向を凝らして宣伝を行ってください。

『Unstable』ドラフト・ウィークエンドは、セット発売直後の12月9~10日に開催されます。『Unstable』ドラフトのイベントを可能な限りたくさん行ってください。

 

ドラフト・ウィークエンドでプレイヤーたちに面白おかしいひとときを存分に楽しんでもらうためにも、製品は十分に確保しておいてください。今すぐご利用の問屋やまたはWizards Direct Salesへ連絡し、『Unstable』の発注を行いましょう!

By Jordan Comar